韓国視察団来島

Welcome to our mishima-bycamo.・・・・

ようこそ 三島梅花藻へ・・・・

  韓国のナショナルトラスト梅花藻保護団体 崔仲基教授他5名で三島梅花藻の里に復活のノウハウを知りたくて来島し、熱心に育て方から床の作り、世話のやり方、水の管理等について梅花藻の里の世話人を代表し、小浜修一郎氏が丁寧に説明した。地域住民の梅花藻に対する情熱に感心していた。これからも梅花藻が取り持つ縁で日韓交流が出来ればと思い2004年に訪韓を約束した。
視察団は、2日間漁村の視察、ボランティア活動状況と盛りだくさんのメニューをこなし京都へと向かった。
左の写真は、当日の記念写真で、梅花藻を愛する人たちと記念写真 日本参加者 渡邊、上村、平林、林、小浜夫妻、青木 小松 田中通訳 他 露木の皆さんでした。
 
涌水は、5年ぶりに小浜池が満水となり、豊富であるため梅花藻が元気が良く、育ちも良い。
小浜池水深141cm 水温 15℃

三島梅花藻の里

韓国視察団

説明に聞き入る視察団

作業風景

懇親会

里全景

三島梅花藻

小浜橋

ボランタリー

間引き作業

写真拡大 写真クリック Clic


富士山涌水

間引き作業

崔団長

崔ー塚田挨拶

日韓梅花藻人